看護師 求人 当直なし

看護師 求人 当直なし

 突然ですが、皆さんは交通事故に出くわしたことはあるでしょうか。

 

 滅多にあることではありませんよね。

 

 しかし、人生生きているうちにもしかしたら遭遇しないとは言い切れません。
(実は私は今日遭遇してしまいました。
)
 そういうときに落ち着いて適切な行動が取れたらかっこいいですよね。
いや、かっこいいというよりも、目の前で何かが起きた場合の対処はそこに居合わせた者の義務ともいえるでしょう。

 

 実際本日出くわして慌てた挙げ句無能さを曝した私ですが、後で落ち着いて考えてみるとやるべき最低限のことを知っていれば便利だと思いました。

 

 では具体的に最低限どのような行動が取れたらよいのか、例を挙げてみましょう!
その1、まず携帯電話は持ち歩く!
 何を当然のことを言っているのかとあきれる方もいらっしゃるでしょう。
ですが、こういう時に限って携帯電話を持っていないものなのです。
(まさに今日の私)
その2、警察と消防に電話!
 一番の難関ですが、ここが一番重要ですよね。
実際事故を起こした方は怪我やパニックにより自分で電話できない可能性もあります。
そういうときは、近くにいる人たちで協力してあげましょう。

 

通報する上で重要な項目ですが、中学生の英語の授業で6W1Hを学んだと思います。
それを応用しましょう。
ちなみに、これらを警察では六何の原則ともいうらしいです。

 

What 事件(何が起きたか。
救急か事故か)
Where 場所(ランドマークや、電柱に住所が載っています。
)
When 時 (何分くらい経過しているか)
Who 怪我人の有無(意識はあるか)
How 事故の状況
忘れがちな通報者の連絡先も。

 

 そして、一つ大事なことはオペレーターの方々はプロです。
所詮民間人の我々ですから、テンパって話す内容が支離滅裂になるのは当然のことです。
ですが、そこはオペレーターの方々の誘導に従って、聞かれたことだけを落ち着いて答えればよいのです。

 

 それでは安心安全な通報ライフを!

 

レベルが高い暮らしをしていたり、レベルの高い事をしていたら、レベルの高い者同士は、張り合って仲良くなりにくいのです。
こちらの方が良いわとか何かと詮索するので、スムーズには行きにくいと言います。
それでレベルの低い人は、レベルの高い人から仲良くして来たら喜びます。
近づけるかもっと思ってすり寄って来ます。
レベルの低い人はレベルの高い人に普通に対応を対等にされただけで自分も同じレベルの ように、なった気で居られるのです。
それで、レベルの低い人は図に乗ってきたりして偉そうにしたりします。
そんな風にまでならなくってもレベルの低い人は、プラスの要素を持っては着ません。
常に何か欲しいとか、良いことが無いかなっとレベルの低い人たちは寄ってくるので、レベルの高い人はマイナスばかり押し付けてくる厄介者に感じてきて嫌気がさして来ます。
だからそれぞれ仲良くするのは少し距離を置いて接すると良いでしょう。
しかしどうしてもレベルの低い人はレベルの高いところへ寄って行きますので、邪険にせずにサラッと関わる事しか対処方法はありません。